肌のトーンアップ

20代の肌事情No1

 

20代半ばから顔色が明らかに悪くなり…

 

 

25歳を過ぎた頃から朝起きると肌が「くすんでいるなぁ」「顔色が悪いなぁ」ということが増えてきました。

 

明らかに肌のトーンがくすんできました。

 

前夜にお酒を飲んだ場合はよりひどいどんより肌。

 

特に目の周りがひどくくすんでいます。

 

長年アイライナーを酷使してきたせいか、色素沈着のようなものも見受けられ、ファンデやコンシーラーを使ってもなんとなく疲れている顔といった印象が拭い切れません。

 

20代女性の肌悩み&ノウハウまとめ

すっぴんで出歩くなんてもってのほか、すこしでもベースメイクの時間を短くしたいというのが今の悩みです。

 

まだ20代なのにこんなにどんよりした顔色では今後一体どれくらいの時間をベースメイクに費やすのかと思うと気が重いです。

 

せめて午前中だけはぱっと明るいツヤ肌で元気な印象を与えたいなぁと思います。

 

くすみ対策として重視しているアイテムはズバリ下地です!

 

下地にはサラサラタイプや潤い重視タイプ、カバー力が強いタイプなど様々ありますが、私はくすみを取ってくれるピンク色の下地を用いています。

 

お気に入りはオルビスの「コントロールメイクアップベース」です。

 

1200円のプチプライスながらお肌に優しいオイルフリー、また効果も満足度が高く、ひと塗りするとぱっと一段階肌トーンだ上がったような気がします。

 

またコスメだけに頼ってはいられないと、スキンケアにも注力しています。

 

可能な限り夜は温タオルで顔をスチームパックし、血のめぐりをよくします。

 

その後クリームでマッサージ。

 

私は「なめらか本舗のイソフラボンのクリーム」を使うことが多いです。

 

しっかりスキンケアを施した後の朝は、やはりいつもよりくすみ感が低いような気がします。

 

20代の肌事情No2

 

介護職についてから4交代勤務で、月に6〜12回と夜勤があり、早い時には5時起きと時間が不規則です。

 

そのせいか吹き出物やTゾーンはてかり、他は乾燥してメイクはグチャグチャだしヨレヨレ。

 

仕事柄、少しはメイクをしなければいけないのでしていますが本当はしたくないくらい肌荒れしています。

 

口まわりの吹き出物がマスクで隠さなくては人前に立てないくらい出来ます。

 

しかも繰り返し…。

 

利用者様と一緒に散歩などをするせいかシミ、そばかすも顔のあちこちに出てきました。

 

メイクをすれば紫外線対策になると教えてもらったのですが、25歳をすぎてからはシミ、そばかすが目立って仕方ありません…。

 

紫外線のせいで乾燥はするし。

 

肌荒れやシミ、そばかすを隠すためにどんどんメイクが濃くなります。

 

 

肌のトーンを一段階あげながらシミそばかすを無くす方法

 

20代女性の肌悩み&ノウハウまとめ

まず、当たり前ですがメイクを落として寝ます。

 

ここで変えたのがメイク落としです。

 

今まではリキッドタイプのメイク落としを使っていましたが、クリームタイプにしました。

 

リキッドだと素早くメイクを落とせますが、必要な油分も落としてしまうんです。

 

クリームでは優しく肌に馴染ませ、クリームがオイルみたいにツルツルしてきたら汚れが落とせた合図です。

 

その後洗顔後にはマッサージクリームでマッサージをしました。

 

マッサージをすると肌の色がワントーン上がります。

 

これだけでも吹き出物が出来にくくなりました!

 

マッサージをすることで新陳代謝も良くなりシミ、そばかすも目立たなくなり増えることはなくなりました!

 

化粧品はメナードのつき華のセットを使わせていただいてます!